※学校パックログイン方法 学校パックを詳細までご覧頂くためには、ログインが必要になります。
ログイン方法は、サイトの右上にある ”ログイン” をクリックしてください。
◆ ログインID:otamesi パスワード:otamesi
学校様向けテンプレートの無料お試しのお申込みはこちら
 
NXC県NeXtCommons教育委員会       NeXtCommonsで教育委員会のホームページを簡単に構築!
管轄の学校にも複数導入可能で地域全体のWEB運用が快適に!
 
ホーム > TIPS > カレンダーの使い方
 

カレンダーの使い方

  1. カレンダーの設置方法
  2. カレンダーの使い方


1.カレンダーの設置方法】

1-1
管理者権限にてログインし、セッティングモードにします。
モジュールの追加メニューから『カレンダー』を選択します。



1-2
「表示方法変更」タブの「表示方法」を設定します。ここでは「月表示拡大」と設定し、「決定」ボタンをクリックします。

サンプル


これでカレンダーモジュールが設置されましたが、そのままの状態だと、
学校パックのコンテンツサイズ(横幅)からはみ出してしまいますので、
続いて横幅サイズの調整を行います。

カレンダーモジュール右上の編集ボタンをクリックします。

サンプル



<1-3>
「ブロックスタイル」タブ内の「一般」タブをクリックします。
の「テンプレート」のプルダウンメニューで「school」を選択します。
の「最小の広さ」を「650」に設定します。

最後に「決定」ボタンをクリックし、カレンダーモジュールの設置と設定の完了です。

サンプル



2.カレンダーの使い方】

<2-1>
カレンダー内で予定を追加したい日付のメモ帳アイコンをクリックします。

サンプル


予定を追加する項目が表示されます。
の「件名」を設定します。ここでは「予定1」と入力します。
の「公開対象」は、この予定を公開するカテゴリを設定します。
ここでは全体公開を行いたいので「パブリックスペース」を選択します。
の「予定日」では、予定の日時設定を行います。

また、毎週・毎月・毎年行う定例予定などを、予め設定しておきたい場合には
「詳細な登録」リンクテキストをクリックすると、設定が行えます。

すべての設定が完了したら、「決定」ボタンをクリックします。

サンプル


これでカレンダーに予定を追加することができました。
6日に「15:00-16:00 予定1」と表示されていることが確認できたら完了です。
サンプル